試薬記事カテゴリー

(株)つくば遺伝子研究所
ツクバイデンシケンキュウショ / (株)つくば遺伝子研究所
Webページ番号:
[掲載日情報:2009/02/16 現在]

株式会社つくば遺伝子研究所/組織アレイ作製・組織染色および ISH 受託サービス 組織アレイ作製・組織染色および in situ ハイブリダイゼーション受託サービス

in situ ハイブリダイゼーション(ISH)による遺伝子発現解析に関する一連の操作を行う受託サービスです。
本サービスは研究用です。臨床用途には利用できません。
本サービスの総代理店は松浪硝子工業株式会社です。


臓器・組織アレイ作製受託サービス

目的遺伝子の発現部位の解析に必要な動物種の臓器・組織アレイを作製いたします。また,お客様よりお送りいただいた組織試料による組織アレイ作製も承ります。
従来ターゲットとしてきた mRNA に加えて,近年は miRNA,アンチセンス RNA 等の non-coding RNA(機能性 RNA )についても,その発現確認が薬剤の作用,遺伝形質等の解析に必須な実験項目となっています。

■ 作製可能な動物種

  • マウス
  • ラット
  • メダカ
  • ゼブラフィッシュ
  • ミニブタ
  • ニワトリ
  • モルモット
  • イヌ

■染色例

マウス C57BL/6J組織アレイを用いた例>

組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス   組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス
ヘマトキシリン/エオジン染色   in situ ハイブリダイゼーション
プローブ:protamin1 cRNA

■ スライド組織標本の特殊染色受託サービス

下記10種類の組織染色を承ります。
  • ワンギーソン染色(Van Gieson stain)
  • ワイゲルト染色(Weigert stain)
  • エラスチカ・ワンギーソン染色(EVG stain)
  • アルシアン青染色(Alcian blue stain)
  • クリューバー・バレラ染色(KB stain)
  • ルクソール・ファスト染色(Luxol fast blue stain)
  • フォイルゲン染色(Feulgen stain)
  • メチルグリーン・ピロニン染色(Methylgreen pyronin stain)
  • PAS染色(PAS stain)
  • ヘマトキシリン・エオジン染色(HE stain)

メチルグリーン・ピロニン染色

組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス   組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス
試料:小腸,DNA(青色),RNA(赤色)   試料:小腸, RNase処理後に染色

PAS 染色   クリューバー・バレラ染色
組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス   組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス
腎臓の基底膜(赤紫色)   試料:大脳,核(紫色),髄鞘(青色)

スライド標本全体組織画像の作製受託サービス

標本上の個々の区画を撮影した後,MIRAX(Zeiss 社)を用いて全体組織画像のバーチャルスライドを作製します。デジタル化された標本の画像は,ビューワーソフトにより,モニター上で任意の位置を任意の倍率で観察できます。


組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス

遺伝子のアンチセンスRNA発現検証受託サービス

遺伝子のアンチセンス RNA が組織に存在することが in situ ハイブリダイゼーションで示された場合,それを論文に記述する際に他の手法でのアンチセンス RNA の存在の確認を求められることがあります。このような要望に対応するため,株式会社つくば遺伝子研究所で開発したプロトコルによる RT-PCR 法で,アンチセンス RNA の存在を調べます。

作業内容

  1. RNA を調製する。
  2. RNA 画分にゲノム DNA の混入が無いことを確認する(40 cycles)。
  3. 開発した RT-PCR 法により,アンチセンス RNA の存在を検討する(38 cycles)。
組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス

in situ ハイブリダイゼーション用標識 cRNA プローブ(センス/アンチセンス)

遺伝子発現の確認に用いるプローブは,目的遺伝子からの転写産物のみを特異的に検出するものであることが必要です。最近の報告では,同一の遺伝子に由来するスプライシングバリアントが存在し,スプライシングバリアントの違いが形質に影響することも明らかにされつつあります。したがって,これらのスプライシングバリアントも視野にいれた,in situ ハイブリダイゼ-ション用プロ-ブが必要になります。
下記の生物種について in situ ハイブリダイゼ-ション用プロ-ブとして,スプライシングバリアントを視野に入れた各種標識cRNAプロ-ブを取りそろえています。

■ 特長

  • 異なる標識および検出システムを選択することにより,2 種の遺伝子発現の同時比較が可能です。
  • mRNA とタンパク質の同時検出に利用可能です。
  • 免疫染色との併用も可能です。
  • 各遺伝子の共通領域を排除しているため,類似遺伝子の発現を識別可能です。

提供可能な動物種

  • ヒト
  • マウス
  • ラット
  • ウシ
  • イヌ
  • ニワトリ
  • メダカ
  • ゼブラフィッシュ
  • アフリカツメガエル

i>in situ ハイブリダイゼーション(ISH)受託サービス

in situ ハイブリダイゼーション(ISH)による遺伝子発現解析操作を行う受託サービスです。ISH による遺伝子発現解析を計画してから解析が順調に進み始めるまで,平均して半年,中には 1 年以上もかかる場合もあるのが現状です。この期間を短縮し,計画から研究成果を得るまでの作業を円滑に進めるための支援もいたします。
また,ご依頼先でISHを行う出張解析も承ります。
ご要望に合わせたサービス内容の組み合わせも承りますので,まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

■ 作業内容

  • 動物種の選択
  • 薬剤投与計画/実施
  • 臓器・組織の採取
  組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス
 
  • オリゴDNAアレイ解析
  組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス
 
  • ISHによる臓器・組織レベルでの遺伝子発現解析
  組織アレイ作製・組織染色および <i>in situ</i> ハイブリダイゼーション受託サービス
 
  • 発現画像の取得
  • 解析画面への組織学的コメント
  • 画像の発送
  • 報告書の作成
   

ご注文/価格

ご注文方法,お見積りなどの詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先(受託・特注品業務担当)

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。

表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップに戻る