試薬記事カテゴリー

GeneTools, LLC
ジーンツールス / GeneTools, LLC
Webページ番号:
[掲載日情報:2017/08/16 現在]

第三世代のアンチセンスオリゴ Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

ゼブラフィッシュ(zebrafish)研究用製品特集

モルフォリノアンチセンスオリゴは,従来使用されているS-Oligoなどのアンチセンスの問題点(特異性,安定性,配列決定の難しさなど)を克服した,細胞毒性のない,第三世代のアンチセンスです。
モルフォリノアンチセンスオリゴは,従来のアンチセンスの限界を克服し,培養細胞への容易な導入方法が確立されているため,遺伝学や薬物の標的分子の研究に広く使用されています。更に,発生にかかわる遺伝子の機能解析の最適なツールとしても多くの研究者に用いられています。特に,アフリカツメガエル,ゼブラフィッシュ,ウニなどの受精卵にモルフォリノオリゴをマイクロインジェクションで導入することにより,標的遺伝子の発現を特異的に阻害でき,その使用例も数多く発表されています*1

*1最新の情報は,GeneTools社ホームページおよびMorpholino Publication Databaseをご参照下さい。
ご注文はオンラインオーダーフォームをご利用ください。
ご注文方法の詳細はこちら。

モルフォリノ修飾アンチセンスオリゴ鎖(Morpholino Antisense Oligo)

特長

  • アンチセンスオリゴヌクレオチドを構成しているモルフォリノ化合物(図1参照)は,ヌクレアーゼ耐性であり,また安定なためオートクレーブで滅菌することも可能です。
  • モルフォリノオリゴとRNAのTm値は,天然DNAとRNAのTm値より少し高い値を示し,安定した結合を形成します(図2参照)。
  • RNAとのアフィニティが強く,標的mRNAの二次構造にかかわらず目的の配列に結合するので,容易に有効な配列設計ができます。
  • モルフォリノオリゴは高い水溶性のため,調製が容易です。
  • 高い特異性を有します。
  • モルフォリノアンチセンスオリゴはタンパク質に対する非特異的な結合がありません。
Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

図1. モルフォリノオリゴの構造

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

図2. 各ヌクレオチドとRNAのハイブリッドの熱安定性

各アプリケーションのモルフォリノ適用濃度

アプリケーション モルフォリノ濃度 希釈溶液
培養細胞への導入
[Endo-Porter(#Endo-P)を使用]
1~10μM 滅菌水
培養細胞への導入
[Cell Scraper(#CS)を使用]
1~20μM 培地
マイクロインジェクション
による胚への導入
1~10μM
(胚の体積1μlあたり1 mMの濃度で1~10 nlインジェクション)
滅菌水またはバッファー
無細胞翻訳系での遺伝子抑制 100~1,000 nM ライセート

Morpholino参考資料

標的配列設計

配列設計についての詳細はこちらをご覧下さい。

①タンパク質の翻訳を阻害する場合

タンパク質の翻訳を阻害する場合

mRNAの5'キャップ部位から開始コドンの約25塩基下流までの領域を標的配列として,翻訳開始複合体を立体的に阻害します。ほとんどの場合,標的遺伝子に対して1つのモルフォリノオリゴをデザインするだけで非常に高い確率でタンパク質の翻訳阻害効果を示します。

②mRNAのスプライシングを阻害する場合

mRNAのスプライシングを阻害する場合

pre-mRNAのエキソンとイントロンの境界領域を標的配列として,スプライシングを阻害しmRNAの成熟を不完全にします。タンパク質の翻訳を阻害する場合と比較してより高い濃度のモルフォリノオリゴが必要ですが,ノーザンブロッティングやRT-PCRといったRNAレベルでの解析により阻害効果を確認できます。特定のスプライシングバリアントに対する発現阻害も可能です。

ご注文の際には,スプライシング阻害を標的とする旨をお知らせ下さい。

■配列設計追加情報

To block translation of a particular mRNA, a Morpholino oligo is made complementary to a target in the 5’-UTR through the start of coding sequence, as long as part of the Morpholino binds at or upstream of the start codon. When the small subunit of the ribosome, as part of the initiation complex, moves from the 5’-cap or an internal ribosome entry site toward the start codon, a Morpholino bound in its path can halt its progression and prevent the mature ribosome from forming. Note that if there is an intron in the 5’-UTR, the start codon will appear in a later exon.

①タンパク質の翻訳を阻害する場合

To modify splicing, Morpholinos are either targeted to splice junctions or to the binding sites of splice-regulatory proteins. Here we’ll describe targeting splice junctions. A 25-base Morpholino is targeted to the end of an intron as well as 0 to 10 bases of exonic sequence. Targeting the very first or very last splice junction typically results in insertion of the adjacent intron.

②mRNAのスプライシングを阻害する場合

Targeting any other splice junction typically results in deletion of the adjacent exon. Other results can occur, such as double-exon-skipping or activation of a cryptic splice site causing partial intron insertions or partial exon deletions. Sometimes two products are produced, for example some transcripts with a clean exon deletion and some with a partial exon deletion.

コントロール実験用モルフォリノオリゴ鎖(Control Oligo)

①汎用コントロールオリゴ鎖(Standard Control)

コントロール実験用の25 merのStandard Control Morpholino Oligoです。

この配列は,ヘモグロビン異常症であるサラセミアにおける赤血球β-グロビンpre-mRNA中705番目の部位のスプライシング異常により生じた配列に由来し,正常細胞では,特異的標的部位や生物学的活性を有していません。

② カスタムデザインオリゴ鎖(Custom Designed Control)

Invert of Antisense

カスタム配列のコントロールオリゴ鎖が必要な方は,アンチセンスとは逆配列のオリゴ鎖を使用することをお勧めします。このオリゴ鎖は,アンチセンスオリゴ鎖と同一長,同一塩基組成であるため比較コントロールに適しています。

Antisense Containing 5 mis-pairs

厳密なコントロール実験を行いたい場合には,以下のように5か所にミスマッチ部位の入ったオリゴ鎖を用いることをお勧めします。

ミスマッチコントロールを用いることにより,アンチセンスオリゴ鎖が実際に厳密な配列特異性を示すことが実証されます。

Sense Complement of Antisense

下記のようなセンス配列オリゴ鎖の作製もいたしますが,GeneTools社ではモルフォリノアンチセンスのコントロール実験用としては,あまりお勧めしていません。

モルフォリノオリゴ鎖の細胞導入用製品

①Endo-Porter

両親媒性のペプチドから成るトランスフェクション試薬です。エンドサイトーシスにより,モルフォリノオリゴヌクレオチド*2を始め,ペプチド,タンパク質,抗体などを,細胞の代謝レベルや形態を変化させずに導入できます。あらかじめ導入物質とEndo-Porterの複合体を形成させる必要がなく,各々を直接培地に加えるだけで付着細胞,浮遊細胞のいずれにも導入できます。導入操作後,Endo-Porterの除去や培地交換の必要がなく,Endo-Porterが適切な濃度で培地中に存在する限り,目的物質が導入され続けます。

*2低分子量(M.W.:<8 kDa)かつ負に荷電した物質の場合は,導入効率が低下します。モルフォリノオリゴヌクレオチドを導入する際は,未標識またはリサミン標識のものをご使用下さい。また,Endo-Porterによる細胞への導入には,10μMのモルフォリノオリゴヌクレオチドを使用することをお勧めします。
使用するEndo-Porterの量はロットごとに変動します。製品添付のプロトコルをご覧下さい。

Endo-Porterによる導入機構

②Scrape Delivery Method

モルフォリノオリゴ(Classic)を付着細胞へ導入する方法です。専用のCell Scraper*3で培養用フラスコやディッシュに付着した培養細胞を剥がします。その際に生じた細胞膜上の微小な傷からアンチセンスオリゴを導入する物理的方法です。

*3多くのCell Scraperが市販されていますが,剥離処理で細胞に重大なダメージを与えるものが少なくありません。GeneTools社では,細胞への物理的影響の少ない,良質の製品を提供しています。

FAQ

モルフォリノオリゴに関するFAQはこちら

価格

配列設計の有無による価格差はありません。

  • モルフォリノアンチセンスオリゴの配列設計はホスホロチオエートオリゴ(S-Oligo)などの配列設計とは大きく異なります。可能な限りGeneTools社に配列設計から依頼されることをお勧めいたします(配列は納品時にお知らせいたします)。
  • 一級アミン(1°Amine),ビオチン,フルオレセイン,リサミンで3'末端を標識した標識モルフォリノオリゴ鎖の受託合成も承ります。

GeneTools社では設計した配列について, BLASTなどによるホモロジー検索は行っていませんのでご注意下さい。

■Morpholino Antisense Oligo, Custom Designed Control

品 名 包 装 価格(¥)
Morpholino Antisense Oligo, Classic(18~25 mers) 300 nmol 75,000
1,000 nmol 169,000

■標識追加料金(Morpholino Antisense Oligo, Custom Designed Control共通)

包 装 価格(¥)
300 nmol 25,000
1,000 nmol 38,000
標識 標識
Alkyne on 3' Alkyne on 5'
Amine on 3' Amine on 5'
Azide on 3' Azide on 5'
Amine and Biotin on 3'
Biotin on 3'
Disulfide amide on 3'
Dabcyl on 3' Dabcyl on 5'
Fluorescein on 3'
Gene Tools Blue on 3'
Lissamine on 3'
Pyridyl dithio on 3'

Morpholino Antisense Oligoと3種類のCustom Designed Control(Invert of Antisense Oligo, Antisense with 5 mis-pairs, Sense Complement of Antisense Oligo)の価格は共通です。

■Standard Control (Negative Control)

Standard Controlは,単独でのご購入も可能です。下記商品コードでご注文下さい。

[在庫・価格 : 2017年10月23日 08時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SC100

Standard Control Oligo, Classic

100nmol

\19,0002個以上追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SC300

Standard Control Oligo, Classic

3x100nmol

\57,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SC1000

Standard Control Oligo, Classic

1000nmol

\169,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCF100

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

100nmol

\29,0001個追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCF300

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

3x100nmol

\85,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCF1000

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

1000nmol

\206,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCL100

Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate

100nmol

\29,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCL300

Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate

3x100nmol

\85,000
(未発注)
追加
[在庫・価格 : 2017年10月23日 08時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SC100

Standard Control Oligo, Classic

100nmol

\19,0002個以上追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SC300

Standard Control Oligo, Classic

3x100nmol

\57,000
(未発注)
追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SC1000

Standard Control Oligo, Classic

1000nmol

\169,000
(未発注)
追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCF100

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

100nmol

\29,0001個追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCF300

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

3x100nmol

\85,000
(未発注)
追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCF1000

Standard Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

1000nmol

\206,000
(未発注)
追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCL100

Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate

100nmol

\29,000
(未発注)
追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

SCL300

Standard Control Oligo, Classic, Lissamine Conjugate

3x100nmol

\85,000
(未発注)
追加
説明文

別包装品あり

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

■Positive Control

Positive Controlは,単独でのご購入も可能です。下記商品コードでご注文下さい。

[在庫・価格 : 2017年10月23日 08時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

DrC

Chordin, Danio rerio, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

100nmol

\29,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

XlBC

β-Catenin, Xenopus laevis, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

100nmol

\29,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

67041

GFP, Positive Control Oligo

100nmol

\19,000
(未発注)
追加
[在庫・価格 : 2017年10月23日 08時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

DrC

Chordin, Danio rerio, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

100nmol

\29,000
(未発注)
追加
説明文

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

XlBC

β-Catenin, Xenopus laevis, Positive Control Oligo, Classic, Carboxyfluorescein Conjugate

100nmol

\29,000
(未発注)
追加
説明文

保存条件室温,暗所保存法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

67041

GFP, Positive Control Oligo

100nmol

\19,000
(未発注)
追加
説明文

GFPおよび,N末端側にGFPを融合させた目的配列の翻訳を阻害する。

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

関連記事

■導入用製品

導入用製品は,単独でのご購入も可能です。下記商品コードでご注文下さい。

[在庫・価格 : 2017年10月23日 08時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

Endo-P

Endo-Porter

1vial

\38,0002個以上追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

Endo-PA

Endo-Porter Aqueous

1vial

\38,000
(未発注)
追加
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

CS

Cell Scraper (for Scrape Delivery)

20pieces

\10,000
(未発注)
追加
[在庫・価格 : 2017年10月23日 08時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

Endo-P

Endo-Porter

1vial

\38,0002個以上追加
説明文

容量:1 ml

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

ニュース 2014年7月1日号 p.13

製品記事

Endo - Porter

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

Endo-PA

Endo-Porter Aqueous

1vial

\38,000
(未発注)
追加
説明文

DMSOを含まないEndo-Porter。DMSOが導入する細胞に毒性を示す,または分化を誘導する際に有用。導入効率はEndo-Porter(#Endo-P)と比較して約30%低下する。容量:1 ml

保存条件室温法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

ニュース 2014年7月1日号 p.13

製品記事

Endo - Porter

関連記事

GTLジーンツールス
GeneTools, LLC

CS

Cell Scraper (for Scrape Delivery)

20pieces

\10,000
(未発注)
追加
説明文

保存条件法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

Morpholinoアンチセンス合成受託サービス

関連記事

ご注文方法

Order Form A:おまかせ設計,またはB:配列指定に必要事項をご記入の上,電子メール添付にて受託・特注品業務担当までお送り下さい。

Morpholinoアンチセンスの配列設計は,ホスホロチオエートオリゴ(S-Oligo)などの配列設計とは大きく異なります。配列設計のためのTargeting Guidelineを必ずご参照下さい。Targeting Guidelineはフナコシホームページから入手可能です。
GeneTools社では設計した配列に関して,BLAST等によるホモロジー検索は行っていませんのでご注意下さい。
専用注文書にご記入の際は,以下の点にご注意下さい。

1. Name for Oligo(試料名)は,製品のチューブラベルに表示される名称です。

お客様が識別しやすい名称を英数字5~15文字で必ずご記入下さい。

2. “Gene Name”には,遺伝子名を英語で,“Species”には,その遺伝子が由来する種名を英語で必ずお書き下さい。

3. アンチセンスおよびコントロールには標識の種類を必ず指定して下さい。

Control Oligoは,上記を参考に選択して下さい。

4. Order Form A:おまかせ設計では以下の項目にご注意下さい。

  • GenBankのAccession Numberが分かる場合は,該当するNumberをご記入下さい。その際,ご指定のAccession Numberの塩基配列情報にmRNAの翻訳開始点上流の配列情報が含まれていることをご確認下さい。
  • 未公開の遺伝子配列を標的とする場合には,注文書の“Unpublished sequence”の欄にチェックして下さい。この場合は,塩基配列を半角英数字のみのテキストファイルとして,電子メール(jutaku@funakoshi.co.jp)または3.5インチ・フロッピーディスクでお送り下さい。なお,お預かりしたディスクはお返しできませんのでご了承下さい。
  • 開始コドンはカッコ(ATG)で表示して下さい。また,付帯情報(コーディング領域,エキソン/イントロンの境界,プロモーターサイト等)がある場合は,ファイル中に英語でご記入下さい(塩基配列中には書き込まないで下さい)。

正確な受注のため,標的遺伝子1種類につき1枚の注文書にご記入下さい。
注文書に必要事項をご記入の上,販売店担当者にお渡し下さい。
フナコシホームページからのオンラインオーダーも可能です。詳細は,お問い合わせ下さい。


Check it out!

MorpholinoアンチセンスHoldbackのご案内


GeneTools社では,Morpholino Antisense Oligo,Classicをご注文いただいた際に,通常約2倍量のアンチセンスを合成し,余剰合成分は追加ご注文時のHoldbackとして約3年間保管しています。

Holdbackの有無およびその量は,製品添付のデータシートに記載されています。Holdbackは通常価格よりも安価にご購入いただけますので,是非ご利用下さい。
詳細はお問い合わせ下さい。



MEMO

Morpholinoアンチセンスを用いた注目の研究


花のめしべに付着した花粉から伸びる花粉管の誘導に関わる因子とそのメカニズムは長い間,謎とされていました。しかし,名古屋大学の東山教授のグループがMorpholinoアンチセンスオリゴを用いた研究により植物の花粉管誘導に関わる重要な因子LUREsの同定に成功し,Nature誌2009年3月19日号で研究成果が発表され表紙を飾りました(Okuda, S., et al., Nature, 458 (7236), 357~361(2009))。この研究でMorpholinoアンチセンスオリゴは花粉管誘導物質を合成する遺伝子の候補を発現抑制することに使用されました。これは植物に対してMorpholinoアンチセンスを使用した最初の論文です。

お問い合わせ先(受託・特注品業務担当)

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。

表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップに戻る