試薬記事カテゴリー

Innova Biosciences Ltd.
イノババイオサイエンス / Innova Biosciences Ltd.
Webページ番号:
[掲載日情報:2017/05/19 現在]

まだカラムを用いて煩雑な抗体標識を行っていますか? Lightning-Link Rapid Conjugation System

抗体と標識試薬を簡便,迅速に共有結合させるInnova Biosciences社独自の技術により,カラム精製や透析の必要なく,わずか20分の操作で抗体をビオチンまたは蛍光標識することができます。 本製品で作製した標識一次抗体は,そのままELISA,ウエスタンブロッティング,IHCなどに用いることができ,二次抗体を用いた間接法の検出における様々な問題を回避することができます*1

Lightning-Link Rapid Conjugation System外観

*1 イムノアッセイの直接法の利点の詳細については,こちらをご覧下さい。
本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。

わずか20分で抗体標識が可能なキット Lightning-Link Rapid Conjugation Systemの反応時間

Lightning-Link Rapid Conjugation Systemの操作方法概要

Lightning-Link Conjugation Systemの操作説明



画像をクリックすると,本製品の操作方法に関する動画をご覧いただけます。

Lightning-Link Conjugation Systemの種類

下表中の商品コードをクリックすると価格表がご覧いただけます。各製品の包装の種類,使用回数および各包装の商品コードについては,価格表でご確認下さい。

分類 標識物 Lightning-Link Rapid Lightning-Link
商品コード
酵素標識キット Alkaline Phosphatase (AP) 702-xxxx
Glucose Oxidase 706-xxxx
Horseradish Peroxidase(HRP) 701-xxxx
ビオチン/ストレプトアビジン
標識キット
Biotin Type A ストレプトアビジン標識試薬を用いたアッセイ用 370-xxxx
Biotin Type B 表面にストレプトアビジンをコートしたプレート,メンブレン,磁性ビーズ用 371-xxxx
Streptavidin 708-xxxx
蛍光色素標識キット 励起波長 蛍光波長 商品コード
Color AMCA 352 nm 452 nm 313-xxxx
Color DyLight 350 354 nm 432 nm 320-xxxx
Color ATTO 390 388 nm 468 nm 349-xxxx
Color DyLight 405 402 nm 428 nm 321-xxxx
Color PerCP 484 nm 678 nm 718-xxxx
Color PerCP/Cy5.5 484 nm 692 nm 763-xxxx
Color DyLight 488 496 nm 524 nm 322-xxxx
Color Fluorescein 498 nm 532 nm 310-xxxx 707-xxxx
Color R-Phycoerythin 498, 544, 566 nm 580 nm 703-xxxx
Color PE/Texas Red 498, 544, 566 nm 618 nm 767-xxxx
Color PE/ATTO 594 498, 544, 566 nm 632 nm 768-xxxx
Color PE/Cy5 498, 544, 566 nm 672 nm 760-xxxx
Color PE/Cy5.5 498, 544, 566 nm 700 nm 761-xxxx
Color PE/Cy7 498, 544, 566 nm 782 nm 762-xxxx
Color Alexa Fluor 488 496 nm 524 nm 332-xxxx
Color ATTO 488 504 nm 530 nm 350-xxxx
Color B-Phycoerythrin 546 nm 580 nm 716-xxxx
Color Cy3 552 nm 576 nm 340-xxxx
Color Rhodamine 555 nm 588 nm 311-xxxx
Color DyLight 550 556 nm 584 nm 323-xxxx
Color ATTO 565 570 nm 598 nm 351-xxxx
Color DyLight 594 594 nm 629 nm 324-xxxx
Color Texas Red 596 nm 616 nm 315-xxxx
Color DyLight 633 628 nm 660 nm 325-xxxx
Color ATTO 633 634 nm 660 nm 353-xxxx
Color FluoProbes 647H 650 nm 684 nm 362-xxxx
Color Cy5 643 nm 667 nm 342-xxxx
Color Allophycocyanin 652 nm 666 nm 705-xxxx
Color APC/Cy5.5 652 nm 700 nm 764-xxxx
Color APC/Cy7 652 nm 790 nm 765-xxxx
Color DyLight 650 656 nm 686 nm 326-xxxx
Color Cy5.5 680 nm 705 nm 343-xxxx
Color DyLight 680 686 nm 716 nm 327-xxxx
Color ATTO 700 704 nm 724 nm 354-xxxx
Color DyLight 755 756 nm 794 nm 328-xxxx
Color DyLight 800 776 nm 798 nm 329-xxxx

下のバナーをクリックすると「蛍光色素の選択ガイド」がご覧いただけます。

蛍光色素の選択ガイド

Lightning-Link Rapid Conjugation Systemの特長

  • 従来のLightning-Link Kitを改良することにより,インキュベーション時間が3時間から15分間へ大幅に短縮されました。
  • カラム精製や透析などのステップを必要としないため,試料のロスがありません。
  • 標識効率はほぼ100%です。
  • クエンチャー添加により不活性化されるため,Lightning-Link rapid mixを標識反応後に除去する必要はありません。
  • 本製品により標識した抗体は,ELISA,ウエスタンブロッティング,免疫組織染色(IHC),免疫蛍光染色(IF),フローサイトメトリー(FCM)などの各種イムノアッセイに利用できます。
  • Lightning-Link Rapid Biotin Kit Type A(#370-xxxx) / Type B(#371-xxxx)では,従来のLightning-Link Kit Type A(#704-xxxx) / Type B(#715-xxxx)に比べ,感度も大幅に向上しました*2

*2 改良されたLightning-Link Rapid Biotin Kit Type A(#370-xxxx) / Type B(#371-xxxx)の発売に伴い,従来品であるLightning-Link Kit Type A(#704-xxxx) / Type B(#715-xxxx)の取り扱いは終了しました。

Lightning-Link Rapid Conjugation Systemのキット内容

  • Lightning-Link Rapid mix*3
  • LL-Rapid Modifier reagent
  • LL-Rapid Quencher reagent

*3 キットにより内容が異なります。

Lightning-Link Rapid Conjugation System使用上の注意事項

MEMO イムノアッセイにおける直接法と間接法の違い

Lightning-Link Rapid Conjugation Systemの使用文献

Lightning-Link Conjugation Systemの使用文献は,こちらをご覧下さい。

Lightning-Link Rapid Conjugation Systemの関連製品

品名をクリックすると,製品の詳細がご覧いただけます。商品コードをクリックすると価格表がご覧いただけます。

品名 商品コード 製品概要
Biotin Check & Go Kit 4001-0030 作製したビオチン標識抗体をラテラルフローアッセイによりわずか10分で確認できるキットです。ビオチン標識抗体をキットに含まれる金標識ストレプトアビジンと混合し,ビオチンとストレプトアビジンの複合体を形成させます。中間位置にProtein A/G混合物を固定化したラテラルフロー用ストリップ上でランニングすると,赤線が表示されることにより検出できます。
Conjugate Check&Go! Kit 4000-0030 ラテラルフローストリップを用いて,お手持ちの抗体への標識がうまくいったかを簡便に確認できます。キットには,Protein A/G混合物が中間位置に固定化されたラテラルフロー用ストリップ,ランニングバッファーおよびポジティブコントロールがセットになっています。

Check it out !

直接法による抗体標識の利点を紹介した動画(英語版)

間接法が有する問題点が,直接法により回避できることを動画で分かりやすく紹介しています。是非ご覧下さい。



ウェビナー:フローサイトメトリー入門・蛍光標識抗体の準備方法の全て




Check it out !

AbSelect Antibody Purification System

抗体の精製と添加物の除去を迅速に行うことができるキットです。試料の種類(粗精製抗体,血清/腹水,ハイブリドーマ細胞培養上清)や精製可能な抗体量(スモールスケール,ラージスケール)の違いにより,様々な製品があります。本シリーズの製品で精製した抗体は,Lightning-Link Rapid Conjugation Systemによる標識反応に最適です。キットの選択方法などの詳細は,フナコシホームページをご覧下さい。

Check it out !

StressMarq社の標識抗体は,Lightning-Linkテクノロジーを用いて標識しています。

熱ショックタンパク質/ストレス/イオンチャネル/トランスポーターなどに関する抗体製品を多数取り扱っているStressMarq社の標識抗体製品は,Lightning-Linkテクノロジーを用いて標識しています。詳細はこちら。

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。

表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップに戻る