試薬記事カテゴリー

OriGene Technologies, Inc.
オリジーン / OriGene Technologies, Inc.
Webページ番号:
[掲載日情報:2017/08/15 現在]

各種タンパク質実験のスタンダードに最適なライセート VERIFY Tagged Antigen( Over-expression Lysate)

TrueORF クローンをもとに,ヒト完全長タンパク質をヒト細胞(HEK293T)で過剰発現させた細胞ライセートです。約 12,000 種類のラインナップがあります。

特長

  • C 末端に myc-DDK タグを付加しているため,ライセート中のタンパク質の発現解析や単離が容易に行えます。
  • ネガティブコントロールとして,空ベクターを導入した細胞のライセートが添付されています。
  • 適用例
    • ウエスタンブロッティングのポジティブコントロール
    • ELISA を始めとする各種アッセイのスタンダード
    • 抗体作製用の抗原
    • 免疫沈降やタンパク質間相互作用解析,逆相タンパク質アレイなどのタンパク質機能研究

キット内容

  • 過剰発現させた細胞ライセート 100 μg
  • 空ベクターを導入した細胞ライセート(ネガティブコントロール) 100 μg
  • Sample buffer

商品検索とご注文の方法

  1. OriGene 社ホームページでご希望の製品を検索して下さい。
  2. ご注文方法および価格などの詳細については,当社テクニカルサポート試薬担当(下記参照)までお問い合わせ下さい。

OriGene社のOver-expression Lysateの紹介動画

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。

表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップに戻る