試薬記事カテゴリー

BioAssay Systems
バイオアッセイシステムス / BioAssay Systems
Webページ番号:
[掲載日情報:2017/11/13 現在]

β-N-アセチルグルコサミニダーゼ活性測定キット QuantiChrom β-N-Acetylglucosaminidase Assay Kit

試料中のβ-N-アセチルグルコサミニダーゼ活性を,比色法により簡便,迅速,高感度で測定するキットです。

本製品は研究用です。臨床用途には使用できません。

MEMO

β-N-アセチルグルコサミニダーゼとは


β-N-Acetylglucosaminidase (NAG)は,糖タンパク質および糖脂質の分解,細胞増殖およびシグナル伝達などの様々な生物学的過程に関わるリソソーム酵素です。NAGは体内の多くの組織中に存在しますが,高分子量のため糸球体膜を通してろ過されません。そのため,尿細管損傷や糸球体病変が存在すると尿中のNAGは増加します。尿中のNAGレベルの上昇は,糖尿病,炎症,腎炎症候群または尿路感染などの腎臓損傷の初期兆候です。様々ながんが血清中のNAGレベルの上昇と関連しています。テイ・サックス病とサンドホフ病などの遺伝性脂質蓄積疾患は,酵素欠損から生じます。


測定原理

合成基質からp -nitrophenolを切断します。反応停止液の追加により生成したニトロフェノールが発色します。このOD405における吸光度の増加は,酵素活性に比例します。

特長

  • 試薬の混合だけで,簡便,迅速に定量できます。
  • ハイスループットアッセイに適応します。
  • 測定時間:30分(37℃)
  • 測定試料:血清,血漿,尿,細胞ライセート
  • 試料量:20μl
  • 検出限界:0.2 U/L
  • 測定範囲:0.2~50 U/L
  • 測定波長:405 nm

試料に含まれるNAGが1 U/L未満の場合には,反応時間を最大4時間まで延長することで感度を増幅できます。

測定例

NAGの測定原理

β-N-Acetylglucosaminidase (NAG)活性の検量線

キット内容

  • Substrate
  • Standard(12.5 mM nitrophenol)
  • Stop reagent

価格

[在庫・価格 : 2017年11月23日 14時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
BASバイオアッセイシステムス
BioAssay Systems

データシート

DNAG-100

β-N-Acetylglucosaminidase Assay Kit , QuantiChrom(100 tests)

1kit

\64,000
(未発注)
追加
[在庫・価格 : 2017年11月23日 14時50分 現在]
メーカー 商品コード 商品名 包装 価格 在庫 リスト
BASバイオアッセイシステムス
BioAssay Systems

DNAG-100

β-N-Acetylglucosaminidase Assay Kit , QuantiChrom(100 tests)

1kit

\64,000
(未発注)
追加
説明文

保存条件法規制等
Genbank NoGene Accession NoProtein Accession No
掲載カタログ

製品記事

QuantiChrom β-N-Acetylglucosaminidase Assay Kit

関連記事

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。

表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップに戻る