精密機器記事カテゴリー

消耗品記事カテゴリー

Webページ番号:
[掲載日情報:2017/09/01 現在]

GRADIENTECH社 CellDirectorに関するFAQ

GRADIENTECH社 CellDirectorに関するFAQ

Q1. どのような因子や化合物で濃度勾配が形成できますか?

A1. 水溶性分子であれば,どのような物質でも濃度勾配を形成できます。創薬研究における候補物質や,増殖因子(VEGF,FGFなど),ペプチド,ホルモン,モルフォゲン,代謝産物,ビタミンなどが挙げられます。

Q2. どのような試料が使用できますか?

A2. あらゆる種類の接着細胞,初代培養細胞,細胞塊(小さいもの),in vitroで培養可能な組織片などが使用できます。

Q3. CellDirectorのサイズは?

A3. CellDirectorは直径約4 cmです。サイズの小さな培養ディッシュと同様に,一般的な顕微鏡ホルダーにセットします。

Q4. CellDirector Rubyで三次元培養を行う場合,どのような基質が使用できますか?

A4. 溶液状であれば,あらゆる種類の基質を注入でき,チャンネル内で重合させて使用できます(例:Collagen Ⅰなど)。

Q5. CellDirector Opalで二次元培養を行う場合,細胞接着を促進するために,チャンネル内を基質などでプレコーティングできますか?

A5. はい,可能です。CellDirector Opalに細胞をアプライする前に,ゼラチンやフィブロネクチン溶液などを注入するだけで,簡単にプレコーティングできます。

Q6. CellDirectorを用いたアッセイで,どのようなデータが得られますか?

A6. 経時観察やビデオ撮影が可能な顕微鏡を使用することにより,標的因子の濃度勾配存在下における細胞の反応性を確認できます。これにより,細胞遊走,細胞増殖,アポトーシスや分化における細胞形態変化のデータを取ることができます。アッセイ後に細胞染色を行うことも可能です。詳細については,当社テクニカルサポート(機器担当)まで,お問い合わせ下さい。

Q7. CellDirectorを使用する際に必要な物を教えて下さい。

A7. シリンジを2本セットできるシリンジポンプが必要です。操作が簡単なGradientech社のFusion 100(#90-001)をお勧めします。また,長時間アッセイを行う際,チャンネル内に気泡が生じるのを防ぐため,小型のバキュームポンプ(#91-001)も必要です。

Q8. CellDirectorは再利用できますか?滅菌処理済みですか?

A8. CellDirectorは,エチレンガスを用いて滅菌処理されています。試料間のコンタミネーションを防ぐため,一回使い切りとして下さい。

Q9. 形成された濃度勾配を,目で見て確認できますか?

A9. 濃度勾配の様子は,標的因子を蛍光標識して用いるか,蛍光マーカー(Gradient Marker FITC (#80-001) / TRITC(#81-001))を使用することにより,蛍光顕微鏡下でリアルタイムに確認できます。Gradient Markerは,FGF2やVEGFA,EGFなど可溶性の増殖因子と同様の濃度勾配を形成すると考えられます。

Q10. 濃度勾配を形成したい標的因子が,基質に結合するかを確認できますか?

A10. 標的因子を蛍光標識することにより,濃度勾配形成の様子や,因子そのものの挙動を蛍光顕微鏡下で確認できます。基質への結合性については,標的因子が基質内を拡散する際にどの程度凝集するかで確認できます。詳細については,当社テクニカルサポート(試薬担当)までお問い合わせ下さい。

Q11. CellDirectorの観察には,どのような種類の顕微鏡が必要ですか?

A11. CellDirectorは優れた光透過性(300~1,200 nm)を有しているため,一般的な顕微鏡で観察可能です。最新の共焦点顕微鏡や,FRET,FRAP,FLIPなどの画像加工技術にも適用可能です。対物レンズとの最短作動距離は0.3 mmです。

トップに戻る

トップに戻る